コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、企業価値重視の経営という考え方に立ち、企業のコーポレート・ガバナンスを経営の最重要課題のひとつとしてとらえ、激変する経営環境に対応すべく、経営の透明性・健全性・遵法性を確保するとともに、各ステークホルダーへのアカウンタビリティを重視し迅速かつ適切な情報開示に努め、経営の効率化・意思決定の迅速化・経営監視機能の充実を高めることを基本的な考え方としております。また、コーポレート・ガバナンスの向上を目指して、コンプライアンス、リスク管理の徹底に努めるとともに、株主様を始めとするステークホルダーの立場を踏まえた透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うことに努め、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値向上のための自律的な対応を推進していくこととしております。

内部統制システムの整備状況

当社および子会社(以下 当社グループ)は、ダイトウボウグループ行動規範およびコンプライアンス基本規程に基づき、健全な企業風土を育成・確立し健全な行動規範や職務権限等の整備・運用を推進するものとします。

重要な法務的課題およびコンプライアンスに係る事象については、顧問弁護士に相談し、必要に応じ外部の専門家を起用し法令定款違反行為を未然に防止します。

また、取締役は、当社グループ内において他の取締役や使用人の重大な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実を発見した場合には直ちに監査等委員会(または選定監査等委員)に報告するものとし、遅滞なく取締役会において報告するものとします。

反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方

基本的な考え方

当社は、反社会的勢力および団体に対しては毅然とした態度で臨み、一切の関係を持ちません。また、不当要求に対してはこれを拒絶するとともに、いかなる理由があろうとも資金提供は絶対行いません。

反社会的勢力および団体による不当要求に備えて、警察、暴力追放運動推進センタ ー、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築します。

整備状況

  • 人事部総務グループを対応窓口とし、不当要求防止責任者を選任しています。
  • 反社会的勢力および団体による不当要求への対応マニュアルを作成しています。
  • 行動規範、就業規則およびコンプライアンス基本規程に、反社会的勢力および団体排除に向けた基本的考え方を追加しています。