CSR
–Corporate Social Responsibility-

基本的な考え方

ダイトウボウの考えるCSR(企業の社会的責任)とは、誠実かつ公正な事業活動を通じて行動規範の実践に努め、当社のビジョンを実現することにより、企業の持続的発展を通じ、人々の豊かな生活に寄与することです。

そのため、法的・経済的な責任といった基礎的なCSRを果たすことを必要不可欠なものと捉え、コンプライアンスの整備を進め、さらには、発展的なCSRとして、労働環境の整備や環境への配慮などの社会貢献的・倫理的な責任を果たしてまいります。

CSRの具体的な取り組み

  • 日本経団連の一員として「日本経団連生物多様性宣言推進パートナーズ」に参加し、将来的な環境問題や生活文化問題に対処するため、生物多様性の保全、生物資源の持続可能な利用などに取り組んでいます。
  • 羊毛紡織会社として、ウール・リサイクルのエコネットワークの幹事会員として繊維製品のリサイクルを推進しています。
  • ボランティア休職制度を設け社員の社会貢献活動への積極的な参加を推進しています。
  • 夏期のサマータイム制度により個人のワークライフ・バランスの向上を図るとともに、太陽光の活用による節電に取り組んでいます。
  • NPO法人 人と動物のハッピーライフ(静岡県所在)の会員企業として、ペットの幸せを通じ、地域の社会貢献に取り組んでいます。
  • その他、基礎的なCSRを果たす観点や、発展的なCSRを果たす観点から、様々な社会貢献に取り組んで参ります。