会社沿革

1896年(明治29年)
財界人の共同出資により「東京モスリン紡織株式会社」として日本橋堀留町に設立。
日本で最初の毛織会社としてモスリンの製造を開始。
1902年(明治36年)
モスリン生産の国内シェア81%に達する。
1905年(明治38年)
国産モスリン初めて輸出される。
1906年(明治39年)
東京キャリコ製織株式会社設立(後の亀戸工場)
1911年(明治44年)
日本初の羊毛原料から織物までの一貫工程を確立。
1913年(大正2年)
当社株式が東京株式取引所にて売買を始める。
1918年(大正7年)
沼津工場(後の三島工場)を設立。
1922年(大正11年)
名古屋工場完成。
1924年(大正13年)
旧三井信託株式会社と信託契約締結。
1936年(昭和11年)
社名を「大東紡織株式会社」と改称。
1949年(昭和24年)
東京証券取引所に上場。
1953年(昭和28年)
三重県鈴鹿市に日本で最初の無窓工場(旧鈴鹿工場)を完成。
1960年(昭和35年)
紳士既製服事業に進出。
1965年(昭和40年)
日本における既製服の海外提携ブランド第1号「ロッキンガム」スーツを販売
1969年(昭和44年)
蕨配送センターを開設し、物流の効率化進める。
1970年(昭和45年)
英国デザイナー、ハーディ・エイミスと提携し、既製服に欧州ファッションを導入。
1976年(昭和51年)
三井物産と折半出資で紳士服販売のロッキンガム三東株式会社設立。
1977年(昭和52年)
デザイン技術センターを新設し、レディースアパレル部門に注力。
1980年(昭和55年)
羊毛寝装品の製造・販売を開始。
1981年(昭和56年)
ショッピングセンター「サンテラス駿東」を三島工場の敷地にオープン。
1985年(昭和60年)
羊毛ふとん製造の新潟分工場設立。
1990年(平成2年)
新潟大東紡株式会社を設立。
1991年(平成3年)
ユニフォーム事業部を新設。
大東紡寝装株式会社を設立。
1996年(平成8年)
人と地球環境に優しい新防縮加工「EWOOL」を発表。
1997年(平成9年)
三島にショッピングセンター「サントムーン柿田川」をオープン。
寧波杉杉集団有限公司(中国)と縫製技術移転契約を締結。研修生を高田工場に受け入れるなど技術指導開始。
2000年(平成12年)
中国浙江省寧波市に、既製服製造の合弁会社「寧波杉杉大東服装有限公司」を設立。
2001年(平成13年)
上海事務所を設立。
2005年(平成17年)
中国浙江省寧波市に、既製服製造の合弁会社「寧波杉京服飾有限公司」を設立。
2006年(平成18年)
本社を東京都中央区日本橋箱崎町から日本橋小舟町に移転。
2007年(平成19年)
ショッピングセンター「サントムーン柿田川」第2期オープン。
2008年(平成20年)
ショッピングセンター「サントムーンアネックス」オープン。
株式会社コスモエイから婦人服企画提案型OEM事業を譲受。
2009年(平成21年)
杉杉集団・三井不動産・伊藤忠商事などと合弁で「杉井不動産有限公司」を設立。
2010年(平成22年)
中国上海市に、100%子会社「上海大東紡織貿易有限公司」を設立。(上海事務所は廃止)
2011年(平成23年)
杉井不動産有限公司が運営する「杉井アウトレット広場・寧波」を中国寧波市にオープン。
2013年(平成25年)
「寧波杉京服飾有限公司」を持分法適用会社へ移行。
2014年(平成26年)
大東紡寝装株式会社を吸収合併し、ヘルスケア事業本部を新設。
2016年(平成28年)
2月27日 創立120周年。
8月 eコマース事業をスタート。株主優待制度を導入。
9月1日 新社名に変更。新グループシンボルを制定。